【過去作品】詩?

こんにちは、こんばんは、初めましての方は初めまして!

☆海貝あかりと申します^^

そういえば、過去にこんな記事を上げていたのです。

umikaiakari.hatenablog.com

小説は確かに後日投稿していたのですが、ふと想いたてって昔の詩でも掘り出してみようかと想い、今回は詩を乗せたいと想います♪

 

付き合ってやってもいいぜ☆って言う方だけ続きを御覧くださいね^^;

 

「宙を泳ぐ魚」

 

魚は泳ぐ。
自由で広いそのそら
魚は誰の目にも留まらない。
魚の正体はその人の感情だから。
嬉しければくるくる泳ぐ。
でも悲しければ上下に泳いで
そのそらいっぱいを背景に
泳ぎ続ける。
誰にも見られず、誰にも気付かれず
それでも泳ぎ続ける。
空や雲が五線譜となって
その五線譜いっぱいをウタに変えて
ウタい続ける
つむぎ続ける。
誰にも見てもらえなくても
そのそらいっぱいを五線譜に変えて
このウタが君を守ってくれることを
願って。

 

 

以上でした!

すごい、はてなブログって、小さなルビにも対応しているんですね!今更間丸出しですが、今回もお付き合いいただきまして、ありがとうございました♪

☆海貝あかり

広告を非表示にする