うちの「困った」なお祖母さんの話。

こんにちは、こんばんは、初めまして?

☆海貝あかりと申します。

実はちょっと前にネタを書き留めててようやく最近公開するに至ったわけですが、うちのおそぼさん……。(あえて変な読み方をしていますのでご了承ください^^)

ちょくちょく私のブログでは取り上げているのですが、最近どうもアルツハイマーっぽい……。

そんな彼女の想像力が豊かすぎたので、今回へたくそはへたくそなりに漫画にしてみました!

 

こーゆー感じのWEB漫画(?)って初めてだ~!@ω@

これ以前のエピソードはたくさんあるのですが、人を疑う類のお話ばかりなので、今回はそんな彼女の面白(?)エピソードです!

事の発端は、うちのお祖母さんが(複数人いる中の)娘である私の母に電話してきたことです。

 

では、彼女の話から再現した(?)こちらをどうぞ!

f:id:UmikaiAkari:20180217214021j:plain

 

何を言い出すのかと思えば、突拍子もなくカニの話。

もしかしてカニが食べたかったのかしら……?

 

f:id:UmikaiAkari:20180217214026j:plain

というものです。

多分ね、後半の話はおそらく、戦時中の幼少期の記憶が妄想としてフラッシュバックしてるんじゃないかと思うんです。

爆音で飛び回る旅客機(姿は見えない)に、それがキラキラしたものを街中に散布して、どうにも調子が悪いというお祖母さん。

ちなみに、お祖母さん、この時は風邪で体調不良中。

前半と後半で全くつながらない都心に突如現れたカニさん。

不思議で不思議でしょうがないんだそうで、聞いてる分にはこっちもとぉっても不思議な気持ちになるので、彼女はもしかしたらこちらを不思議の国へ導いてくれる「不思議の国のアリス」なのかもしれませんね。

ちょっと面白エピソードがあったらまたご紹介します。

☆海貝あかり

広告を非表示にする