雑談・今更自己紹介?

こんにちは、こんばんは、初めまして。

☆海貝あかりと申します。

今回はこのタイミングですが、改めて自己紹介をさせて頂こうかと思います。

というのも、私はどうにも言葉数が足りていないようで、重要な部分が人に伝わらないらしいのです。

私はナレーションや声劇ゴスペルの助っ人などをしている人間なのですが、近年レストリア・ヴィダ(人生物語)の代表となりました。

だからといって何をするわけでもありませんが、個人経営の形式上は社長です。

ここだけ聞くと突拍子もないでしょう?

 

でも、私が動く理由って実は毎回同じ事だったり、単純な理由だったりするんです。

それが、私から伝わっていく何かが、他の誰かの、いいな、面白いな、素敵だなに変換されたらいいなと言うこと。

そして、沢山の半ば夢を諦めがちな人達に同じ目標があるなら共にそれができる場を設けることを意識して毎回動いています。

私の身の回りでの例を上げますと、実は仕事は少ないのに、近年の声優専門学校というのは、年々増えています。

何故かわかりますか?

答えは簡単で「儲かるから」です。

某飛行機会社も声優専門学校を作りましたよね。

実はこの飛行機会社、経営が少し下火ということを知っている方はどれほどいらっしゃいますか?

経営が怪しいからそれを支えるために作られた儲かる場所、専門学校。

経営者の考えとしては流行りだし、お金もそこそことれるだろうし、間違ってはいない。

でも、夢を追いかけようとしている私達にとってはどうでしょうか?

なんとなくですけど、お金だけ取られて終わりなような気がしませんか?

今や某有名事務所の声優養成所を出ていたって仕事にありつけず、あぶれてしまう程の職業である声優。

そんな中で徐々に色を失いつつある夢を追い求めている人たち。

そんな仲間たちを目にするたびにこれじゃいけない気がする、何か自分にできることはないか、そう思ったのが行動に移った要因です。

自分だけが良ければいいんじゃなくて、同じものを夢見る人たちや私が好きだと思う人たちの何か少しでも懸け橋になれないかと、常に考えています。

「学びたいけど今更」とか「興味はあった」とかそういう諦めみたいな言葉は聞くと悲しくなるんです。

自分の大好きな親友が言っていたりしたらなおさらです。

かの有名なイギリスの政治家チャーチルも人生最後の公演でこう言ったそうです。

 

「あきらめてはいけない」

 

と、三度も。

チャーチルが政権を収めていたのは第二次世界大戦中で、その後無条件克服をし、90年の生涯を閉じる前の発言なので、今現在の私たちに本当の意味での言葉の重さはわからないかもしれません。

それでも、私はやっぱり「あきらめたくない」のです。

諦めることが大人なのなら、私は大人になんてなりたくない、そういう人種だったのです。

自分の為でもあるけど、それ以上に作り手側の為に、文化活動をする人たちに向けて自分はどんなことができるかな?

そして、これを読んでくれたあなたが一緒に考えて、仲間になってくれたらどんな素敵なことが起こるかな?

夢物語だっていいんです。

こんな変な奴の仲間になってくれる人を私は探しています。

すごく変な自己紹介になってしまったけれど、ちょっとでも面白そうじゃんとか仲間になってやってもいいよって方はお声がけいただけますと幸いです^^

色々叩かれそうだけど、それでも「私は、戦う。そう決めたから」で、突き進んでいこうかと思いますのでよろしくお願いします♪

ちなみに仲間になってくれた人は何かあったり、あいそうになった時、全力で守る所存です!

 

☆海貝あかり

広告を非表示にする