雑談・秋祭りと読書

今週のお題「読書の秋」

 

こんにちは、こんばんは、初めまして?

☆海貝あかりと申します♪

 

最近土日はあちらこちらでお祭りがおこなわれていますね。

先週は原宿で、先々週は新宿で、今週はもしかして渋谷で……?

 

どこもかしこもお祭り男・女の明るい雰囲気で満ちていますね^^

 

素敵です。

人が多いのは大変ですが、楽しそうに踊っている人たちを見るとこちらも楽しくなりますよね( *´艸`)

そうやってエネルギーを他の人たちに分け与えられることのできる人って素敵ですよね。

私は今回、都心ではないお祭りに参加して花火を友人らと見てきたのですがなかなか力が入っていてすごいな思いました^^

 

そしてちょこちょこ個人の悩み(?)なども聞きつつ一日を過ごしたのですが、なんだかただ話を聞いただけでも少し顔つきが変わっていくのを間近で見ていると「人は人を助けたいものだよ」という、とある本のセリフを思い出しては一人納得しています。

当然、何もできなくて、何も変わらない人もいるのですが、この私と言うちっぽけな存在が誰かの役に立てたのならうれしいなと思ってしまいます。

 

というわけで、無理やりねじ込んだような形になってしまいましたが、今週のお題である「秋の夜長に読みたい本は?」というものは、自己啓発本とだけお答えをして短いですがこのあたりで記事を終わりにしたいと思います^^;

 

ここまでお付き合いいただきましてありがとうございます、よろしければ別の記事でもお会いいたしましょう♪

 

☆海貝あかり

広告を非表示にする