雑談・hololensって何!?

こんにちは、こんばんは!はじめまして!

☆海貝あかりと申します^^

ちょっと前になるのですが、こんなツイートを発見しました。

 で、でででで……電脳コイルだとぉおお!?

電脳コイル、大好きです。

はい、大好きです。(二度目)

眼鏡型の端末に、空中作業、サッチー……。

サッチーだのなんだのはこの方が組んだプログラムでしょうが、電脳コイル的な世界は近づいてきているんだなって思いました。

まだ空中に浮くグラフィック故か他の方のツイートをあさってみてもグラフィックはそんなに良くはありません。

ですが、思い返してみればゲームのグラフィック……ここ数年で信じられないほど高画質になりましたよね……?

おそろしくリアルで、きれいに、しかも物によっては軽めのデータで快適に動くようになっていませんか?

みなさんも一度くらいは見たことがあるのではないでしょうか。

ゲームグラフィックの進化と検索するとほぼトップくらいに出てくるこの画像……。

http://livedoor.4.blogimg.jp/news4wide/imgs/3/a/3a2fb795.jpg

今は2013年からまたさらに月日が経っていますから、ほぼ人間の写真と変わらないようなグラフィックの登場人物や、ものすごく美形でものすごくスタイルも良くて(中の人は大概声優なので当たり前なのですが)もものすごく良いという完璧すぎる登場人物たちが当たり前ですよね?

あ、もう一枚出てきました!

http://livedoor.4.blogimg.jp/news4wide/imgs/4/2/42103437.jpg

この進化!恐ろしい!(笑)

 

で、話をホロレンズの方に戻すと、これ、日本での販売は12月からの予定というだけでもう発売されているのだとか。

つまり、あと10年先くらいには現実か、仮想現実かわからないようなグラフィックと性能を持つ眼鏡が生まれてもおかしくないってことですよね!?

ますます電脳コイルの世界に近づくな~と思いました。

 

ちなみにこのホロレンズって何?って思って調べてみました!

「HoloLens」のすごさってなに?

自分がその場にいながらバーチャルな空間と融合した世界が体験できます。

1つ目が、周りの壁や障害物、床を読み取って、認識する事です。例えばゲームを始めると、現実世界に机があればその上にゲーム内の物体が落ちたり、床を歩いたりするのです。

2つ目が、表示されるものの実在感、文字の可読性です。

一般的なVRのHMD(頭につけるタイプのディスプレイ)「GearVR」では部屋の端にあるようなポスターの細かい文字などはあまり読みにくい、と思うことがあるのですが、「HoloLens」では読めない、と意識をすることもなくそこにあるものとして読むことができました。

「HoloLens(ホロレンズ)」ってなに?マイクロソフトのMRデバイス特徴まとめ | Mogura VR - 国内外のVR最新情報

 

とのこと。ちなみにアマゾンで販売されていた価格を見たところ43万円くらいでした^^;

VRだのなんだの、時代は変化しますね。怖いくらい……(笑)

でもこのホロレンズでホラー体験ゲームはしたくないかも……最近のバイオハザードは視点が変わらず一人称視点だったので怖いったら……。

それがもし一人称視点+普段の部屋が別地形に書き換えられるなんてされたら逃げ場がわからなくてパニックになりそう^^;

 

それでは、また気になった話題があったら載せていきますね♪

よろしければ、お付き合いください^^

☆海貝あかり

広告を非表示にする